« ジャングルの恵み | トップページ | 洪水の傷跡 »

大洪水

Ongota_2

Ongota_3

Ongota

2010年4月6日の昨日、私の任地であるテナが洪水被害にあった。

実に50年振りの大洪水らしい。

そんな時に私は、村の薬局のプロジェクトで、薬やマテリアル、

機材などの購入で首都のキトにいる。

今は冬の雨季で、連日の大雨で町を流れる3つの大きな川が

増水・氾濫したそうだ。

特に低い土地、川沿いのエリアは1~4mも水が浸水して

大きな被害を受けたらしい。

そのせいで、町中が断水していて、

復旧に3日から2週間と言われている。

暑い気候だから、みんなすごく水に困っているだろう。

停電が続いている地域もあるという。

真っ暗な夜を過ごす人々、どんなに心細いだろう。

私と一緒に村を周っていたエディスの村は、

特に低い土地にあり、すぐ側に大きな川が流れていたので

村中が大きな被害を受けたようで、

電話で話したら、

村の人達は、家を失い、寝る場所もないと言っていた。

今は、泥に埋まった屋根尽きの広場で寝るしかないと。

彼女の村は、人口が900人もいる、テナ近郊の村では最大規模。

電話越しの彼女の声は低く、

とても悲しそうだった。

上の写真は、彼女の村の様子。

一緒に活動しているNGOが、今日首都から駆けつけて

即座にその様子を報告してくれた。

正直かなりのショックを受けた。

聞く話によれば、

先日周っていた、かなりジャングルの奥地の村も

被害を受けているみたいだ。

アクセスも悪く、電話も携帯の電波もない所なので、

詳しい状況を把握するのはとても難しい。

ついこないだまで平和だったのに・・・

自分は何もできない。

とてつもない無力感。

早くテナに帰りたいけど、

ここでやるべきことを終わらせないと帰れない。

今はただ悲しくてたまらない。

自然災害は本当に怖い。

一瞬にして色んな物を奪ってしまう。

この状況において、一体自分に何ができるんだろう?

それは分からないけど、

一刻も早く仕事を終わらせて、

テナに帰ったら、彼らの為に全力で手を差し伸べたい。

|

« ジャングルの恵み | トップページ | 洪水の傷跡 »

任地テナ」カテゴリの記事

コメント

大変だったな。メーリスで読んで心配してました。世界にはニュースにならないような災害が数多く起こっているね。偶然にもその国に居合わせたひめが、自分に何ができるかを考える。何もできないかもしれんけど、こんな時は考えたら即行動に限るよ。目の前にある出来る事を終わらして行く。それで充分。自然災害の前に無力さを感じることも多いけれど、前向きな人々にも出会えるはず。
自分の出来る事をやってみようで!!

投稿: あっきー | 2010年4月22日 (木) 22時17分

あっきー、ありがとう!!!
ブログにもアップしたんだけど、
早速、救援物資を届けに、行ってきたよ。
丁度タイミング良く任地に戻れて良かった。
大きいことは政府しかできないから、
元気付けるイベントなんかを開催しようかなって
ちょっと考えてるよ。
自分にできること、何かやってみる。

投稿: ひめ | 2010年4月23日 (金) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1084475/34129217

この記事へのトラックバック一覧です: 大洪水:

« ジャングルの恵み | トップページ | 洪水の傷跡 »