« 洪水の傷跡 | トップページ | 災害援助へ »

消え行く村 「オンゴタ」

今回の洪水で、

最も被害があったとされる村、「オンゴタ」。

120家族、人口900人という、

ここらの村では最大規模。

ずっと一緒に村を周っていた、

保健普及員のエディスが暮らす村。

ひどいと聞いて、

とても心配で仕方なかったが、

行ってみて、やっぱりショックを受けた。

小学校。椅子や机が外に出され、未だ復旧せず。

Dscf4059

子供たちのノートや教科書も流されたり、

ドロドロになったりしてしまった。

以前はとても素敵な村だったのに、

Dscf0044

↓↓

あたり一面泥だらけ。

Dscf4066

Dscf4067

Dscf4070

Dscf4075

Dscf4084

Dscf4106

ここにあった家が、

Dscf1780

↓↓

無い。

Dscf4074_2

かつては2軒並んでいた家も、

Dscf8167

↓↓

手前の家は無くなっていた。

Dscf4076

黄色い家が左、緑の家が右にあったのが、

Dscf8165

↓↓

左右逆になって、しかも角度が変わっている!!

Dscf4061

この現象、どうやったら起きるのか!?

答えは、2軒とも水に流され、浮遊して

この位置まで動いたのだ。

その話を聞いた時は、

正直ゾッとした。

家が浮遊って。

去年できたばかりの立派なこの橋。

Dscf0058

↓↓

川の猛威で、ふっとんだ。

Dscf4085

流されたり、倒壊されたりして無くなった家は20軒。

まるで違う場所にいる様な感覚に襲われる。

その傷跡を見ているだけで、

その夜の出来事が、

どんなに恐ろしいものか、想像できる。

幸い、死人が出なかった事が救い。

以外に政府の動きは早く、

洪水の翌日から、

色んな機関が、災害救助に動き出した。

Dscf4054

Dscf4057

Dscf4056

長靴、食糧、マットレス、洋服などの救援物資が届き、

医療集団が援助にやって来る。

テナ市役所は、

またいつ同じことが起こらないとも限らないと、

早々に、彼らの移住を決めた。

その為に、新しい土地を買い取って、

新しい家を建てる支援をすると。

政府の対応はすばらしい。

でも、オンゴタが消えてしまう。

もう、ここで彼らを見ることは無くなる。

1つの村が消えようとしていた。

思い入れのある村だったから、

とてもショックで、寂しい。

以前から村には、「オンゴタは消える」という

予言の様な、言い伝えの様なものが存在したとか。

村の人は、それが何なのか分からず過ごしていたが、

それは、こういう事だったんだと、

今になって思うという。

自然と共存するという事は、

こういう事なのか。

|

« 洪水の傷跡 | トップページ | 災害援助へ »

任地テナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1084475/34361794

この記事へのトラックバック一覧です: 消え行く村 「オンゴタ」:

« 洪水の傷跡 | トップページ | 災害援助へ »